ふつうの先生の頭の中。

多分ガッコーの先生。のブログです。

実習最終日の往復日記。

「技術はセンスを凌駕する」

 


ー実習日誌、最終日に書いた往復コラムー

 


「教師向いてないから、辞めた方がいいのかな。」

 


連絡帳の書き方も分からずに始まった教員生活。できないことばかりの毎日。向いてないなと思うことや悔しいことたくさんありました。

 


それでも、今も先生やってます。

なんとか8年目に突入です。

 


子どもとうまくいかず、同僚とうまくいかず、もう辞めようと思ったことたくさんあります。

 


でも、その度に悔しい気持ちを思いだし、プライドを捨てて本気で学んできました。

もう無我夢中です。生きていくために学ぶような。

 


本題です。

個人的に、センスだけで乗り切れるのは初任者から5年目までだと思っています。

若いときは、子ども達と精神的にも肉体的にも近いので、なんとなく乗り切れてしまうことも、だんだんとそうではなくなっていきます。

そこからは、技術のない人は落ちていきます。

 


僕は、技術はセンスを超えると思っています。

 


センスは天性のものですが、技術は後天的なもので自分の努力次第で身につけることができます。

 


未来は、明るいのです。

 


「自分は成長し続けられるし、今は難しい課題でも、いつかは必ず乗り越えられる」という思考のくせ=growth mindsetを持てると、人生を楽しむ余裕が生まれます。

 


実は、この二週間でも、多くの技術をO先生に伝えられるように計画を練りました。ちょっと整理してみましょう。

 


【マネジメント系】

①四分六の構え②チョークで回しながら書く③休み時間のバリエーション④優先順位をつけたタスク処理⑤褒めることによる行動の強化⑥タイムマネジメント(授業・業務)⑦1年目にかわいがってもらうには

 


【心・観】

①多様性を認める②沈黙を恐れない③信じて待つ④子どもの視点に立って考える視座⑤教師に必要と思われる資質⑥「問い」で強みを引き出す。⑦全てを面白がる思考のクセ

 


ここで、大事なことをもうひとつ。

技術だけあっても、もちろん足りません。

 


技術×▢=教師力

 


という式が成り立つと思っています。

つまり▢の部分が0なら、意味がないですし、

▢の部分が10000なら、すごい力となるわけです。

 


この▢に入る部分が、何かは教えません。

 


現場に出て、自分なりの▢を掴んでみて下さい。

 


二週間という短い期間でしたが、「直接、技術を教えるのではなく、問いながらO先生の内側にあるものをごっそり引き出す」ということに挑戦できました。

 


一番学んだのは僕です。

 


O先生なら、いい先生になれると思いますよ。

応援しています。

 

 

教採、健闘を祈ります。

それではまた、いつか現場で会いましょう。

ふつうの先生は、すごい。

私は、教員資格認定試験と教員採用試験を同年にW受験して、現在教員として働いています。

教員資格認定試験はなかなか狭き門で、当時合格率は約7%と言われていました。

二次試験では、デッサンに、バスケのシュート練習、表現運動、マット運動に論文とマルチなことを要求されていたので大学三年の終わりから、四年の半ばまでは、寝る間も惜しんで勉強をしたのを今でも覚えています。特に論文は、体育の学習指導要領の変遷を記述するような問題が毎年出されていたので、指導要領解説は一冊丸暗記しました。

 

 

 

さて、難関を突破して教員の世界へ足を踏み入れる方へ、僕からエールを贈りたいと思います。

 

 

 

それは『暗い話題の多い教育界を変えるキーマンは、あなた達一人ひとりだということ』です。

 


決してカリスマ的な誰かや、

全国に名が知られている有名なあの先生が変えてくれるのを待つのではなく、

『あなた』自身にその可能性があるということ。

 


『あなた』が変われば、

少しずつ周りは自然と変わるということ。

 


『楽しい』にも、

『つまらない』にも、

『ブラック』にも、

『ホワイト』にも行くことができるハンドルは、

『だれか』ではなく、実は『あなた』が握っているということ。

 


現場は、しんどいことも多いでしょう。

大きな見えない『何か』に覆われているような感覚に陥ることもあるでしょう。

そんな時、あなたが一体どんなハンドルを切るのか。

 


僕は、全国にファンがいて、

皆が目指したいたいと躍起になる『有名なあの先生』が創る教室の物語なんかより、

全国にたくさんいる一生懸命なふつうの先生達が、

試行錯誤をしながら生み出した教室の物語に興味があります。

 


ふつうの先生方は、すごい。

 


目の前の子ども達と一緒に、

楽しい日も、しんどい日も、

真剣な日も、しょうもない日も

全部含めた日常を愛でられるような先生を待っています。

 


なんの変哲も無い、しょうもない日常こそ愛おしいものですよ。

 

 

 

 

『チームビルディングinクラスルーム』

 


『チームビルディング』と聞くと、『すごく難しそう。。』や『横文字ムリ!!』といった反応が出そうだが、実は全然難しいことじゃない。

 


一言で言うと、『小さな成功体験を積み重ねて、このクラスなんかええ感じやん。』と感じることができるようなクラスづくりをすることだ。

 


今日は、簡単に導入できるチームビルディングの実践を少しだけ紹介しよう。

 


題して『ー小さな成功体験を積み重ねようーミッション・ポッシボー!』だ。絶妙にダサいが、気にせずいこう。

 


では、具体的な進め方を説明する。

 


①クラスのミッションを決める。ミッションとは、クラスでの挑戦事項のことである。ミッションは、始めは先生が『コレは達成して欲しい!』という目標を設定し、段々と子ども達に任せていくといいだろう。

②始めは『達成可能で具体的かつ、数値目標があるもの』を意図的に設定する。

・給食準備タイムアタック15分以内

・『あいさつ対決vs.先生二人以上に勝利』

・『レベル3の声でハキハキ号令』

・『教室移動、足音のみ聞こえる忍者移動で』etc

そして、段々とギリギリ達成レベルに上げてワクワク感を味えるようにしていく。

といった感じだ。

 


ミッション達成かどうかを、必ず帰りの会で確認しよう。

90%以上達成なら、ビー玉ゲットだ!そして、その魅惑のビー玉を、貯金箱に貯めていこう。

 

 

 

ビー玉貯金が一杯になったら、

「とんでもないパーティー」を開催して、皆でお祝いをするんだ。

『とんでもないパーティー』とは、なんだ。だって?

それは、秘密だ。各々、『とんでもない』と思うパーティーを考えてくれたらいい。

頑張りを称え、とにかく盛大にお祝いしよう。

 


ミッションチャレンジ⇨成功⇨嬉しい⇨パーティー⇨楽しい⇨クラスが好き

のサイクルを生み出す。それが教室の、チームビルディングだ。

 

今年初めて先生になった人へ。


さて、先生になり

約半分が経とうとしているね。

 


どう?

 


理想と全然違って焦ってる?

それとも、理想通りのキラキラとした毎日?

 


まぁ、人それぞれでしょう。

 


ちなみに僕の教員一年目の始めの1ヶ月は、まるで言語が違う外国にいるような感じだったな。

 


意味不明な専門用語が頭の上を飛び交い、

 

 

 

「分からないことあったら聞いてね」と言ってもらったものの、

何を聞いたら良いのかが全く分からず

下手くそな、愛想笑いで返すのが精一杯。

 

 

 

とりあえず授業準備はしっかりしなきゃという思いで、

夜遅くまで学校に残り、必死で授業準備。

 


帰宅する頃には、ほぼ日付が変わっていて、

寝るために家に帰るような日々。寝て数時間後には、すぐまた学校に。

 


寝不足でフラフラの毎日だったのを、思い出す。

 


「こんなはずじゃなかった。」

 


通勤電車の窓に映る疲れた顔の自分を見て、そんなことを思う毎日だった。

 


でも、実はそんな日々は永遠には、続かない。

 


無責任かもしれないけれど、今のあなたのその努力がパーン!と花を咲かせる瞬間というものがいつか必ずやってくる。きっと今は、暗闇の中に永遠に続く階段を登っているような感覚だと思うけど。

 


いつか必ず、仕事の生産性を最大限に上げ、自分も周りも大事にしながら自然体で仕事を楽しめるようになる時がやってくる。だから、諦めそうな人もこの一年間をなんとか乗り越えて欲しい。

 

 

 

過去、僕はGoogleで「教員   転職」と調べていた時期があった。

 

 

 

でもそれから数年経って「教員 天職」と調べる自分がいて驚いているよ。

 

 

 

 


当時は本当に、必死だったけどね。。

今年度のWONDER初公開 ーepisode IIー

初公開です。

 

個人情報がない号のみ、挙げます。

 

f:id:yuuyuuyuu21:20180430170724j:imagef:id:yuuyuuyuu21:20180430170733j:imagef:id:yuuyuuyuu21:20180430170748j:imagef:id:yuuyuuyuu21:20180430170800j:imagef:id:yuuyuuyuu21:20180430170808j:imagef:id:yuuyuuyuu21:20180430170816j:imagef:id:yuuyuuyuu21:20180430170830j:imagef:id:yuuyuuyuu21:20180430170837j:imagef:id:yuuyuuyuu21:20180430170850j:image

 

 

一緒に手描き学級通信を描いて、

毎日にもっとワクワクしませんか?

 

 

 

 

Amazonで『WONDER 学級通信』と検索すると、昨年度の学級通信をまとめた本が出ます。ぜひ、お読みくださいませ( ^ω^ )

なんで教室をスタバにしたいのか。

 


「なんで教室をスタバにしたいんですか?」

 

 


面白い質問を頂いたので、自分なりの回答をさせて頂きますね。

答える自信はありませんが、精一杯お答えさせて頂きますね。

 


まず、そうですね。。

僕は過去に学級をとてもしんどい状況にさせてしまった経験があります。

 


その時に強く思ったんですが、学級経営には「遊び心」が必要だな、と。

特にしんどい子達が多いと、厳しさでしめようとしたり、正論で説き伏せようとすることもありました。

そうすると、さらにしんどくなるし、なにより自分が全然面白くなかったんです。

 


で、それからです。

『遊び心・WONDERなクラス経営・ガッコーをもっと面白く。』をモットーにした活動を

大切にしていこうと考え直し色々やってみることにしたのですがやはり楽しい。

 

自分がまず楽しい。

 

で、子どもたちも保護者も楽しいって言ってくれています。

 


授業と学級経営は両輪で、互いに作用しあっています。

 

 

そして、そのどちらにも教室環境は大きな関わりを持っています。

 

 

汚い淀んだ教室で学びたい子はいないと思いますが、やっぱりオシャレでキレイな教室は愛着が湧くんですね。

 

授業にも、人間関係にも良い影響が出ています。特にベンチは効果絶大ですね。男子会、女子会、男女会、人狼ゲーム大会、消しピン大会、教え合いスペース、昼寝スペースと大活躍です。

 


そこで思いついたのが、

今回の教室スタバ計画です。

 

 

なぜスターバックスか?それは僕が好きだからです笑

 


ここでも遊び心を十分に発揮します。遊び心でシャレの効いた教室環境にし、子どもたちのセンスオブワンダーをゆっくりと育むというヒドゥンカリキュラムを実行します。

 


・・と、つらつらと偉そうに書きましたが、

単純にこういうの好きなんですよ笑

 


もっと遊びたいなぁと思っています!

答えになってなかったらすみません!

 

 

 

 

先生という、仕事。

僕は初任時代から数年間、授業も学級経営も断トツで下手くそだった。(今も別に上手くはないけど、負ける気はしません笑)

多分同期ワースト。

 


周りの同期達がとてもできる先生に見え、自分は向いてないから辞めようと思ったことも何度もある。

 


でも、今では最もしんどい仕事を当然のように任せられるような存在になった。

校内授業研や指導課訪問も。

 


数えきれない修羅場を経験し、

自分なりの蓄積ができた。

はぐれメタルを倒しまくってきた感覚だ。

 


ダーウィンの進化論の様に、急速に進化

「させられた」。したのではない。

促成栽培だ。

 


経験や血のにじむような努力は、

センスを凌駕すると思う。

 


辛い状況におかれ「自分は先生に向いていないんだ・・」「センスがないんだ」と感じ辞めようかと苦しんでいる仲間がたくさんいる。

 


今の辛い状況が、自分を進化させる。

上手くいかない時は、成長を感じられなかったり、むしろ退化している様に感じてしまう。

 


でも、実はそうではない。

そういう時に、自分の芯となる部分がゆっくりだけどジワジワと形成されていく。

 


そしてそれは、後の自分の強力な武器となる。

この武器は、上手くいかず苦しみ、自分と向き合わざるを得ない状況になった人しか得られない、ギフトなのだ。なんとなく、うまくやってこられてしまった人にはわからないだろう。

 


僕は、苦しい状況にある先生方を直接助けることはできないけど、共感し、勇気づけることはできる。

 


そんな僕もまた、苦しい状況になり、誰かに助けられ仕事を続けていくのだ。

 


この仕事は、そういう仕事だと自分は思う。